榮倉奈々~エンタメスクープ.net

榮倉奈々の画像(水着画像)はこちらからどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

榮倉奈々出演 映画「阿波DANCE」のあらすじ

東京は渋谷、女子高生HIP HOPダンスバトルのイベントが繰り広げられている。その中でも、一際歓声を浴びるダンスチームSO COOLのリーダー黒沢茜(榮倉奈々)は、他のメンバーを押しのけるようにセンターで一人踊る。その激しいダンスに高まる歓声。拍手喝采の中、首から黄金のメダルをかけられる茜。

家に帰ると、そんな茜を待っていたのは、両親の離婚・・・。

いつかはそうなるとは思って、覚悟はしていた。だが、想定外の現実が茜を襲うことに・・・

離婚に伴い、茜は母・恭子と一緒に、祖父・宗助の暮らす徳島の田舎町に引っ越すというのだ。そんなところで暮らすなんて茜には考えられなかった。

しかし、茜の意志とは関係なく、母と共に徳島へ移り住むことになる・・・

徳島は田舎町、行きつけのラーメン屋「うずしお食堂」で、ラーメンを食べている四人の男子高校生。キックスケーターで颯爽と現れた茜に見とれる四人・・・

転校初日。季節はずれの東京からの転校生に、クラス中が色めきたっていた。その中には、昨日すれ違った、イケてない男子高校生・コージ、ユッキー、カズ、ミノルの姿も。

ダンス部と書かれた部室。茜は、嬉しそうにダンス部の扉を開ける。なんと部室内で繰り広げられていたのは、阿波踊り・・・。

唖然とする茜。そして、そこには、あの4人組の姿が。そして、それが“HIP HOP VS 阿波踊り” のバトルの始まりでもあった・・・


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

スポンサーサイト

榮倉奈々出演 映画「阿波DANCE」とは

榮倉奈々出演 映画「阿波DANCE」とは、情熱と涙、恋と友情、誰もが経験してきた青春時代を、熱くハートフルに描いた“国民的青春映画”です。

徳島・鳴門の伝統芸能「阿波踊り」と若者文化のヒップホップ。出会うはずのなかった2つの文化が融合して、誰も見たことがない奇跡のダンス“AWA DANCE”が誕生する。

東京のヒップホップのダンス大会で優勝した女子高生、茜を演じるのは、今年主演映画の公開が続々控える、榮倉奈々。物語の中で成長していく女子高生の繊細かつ多彩な気持ちを表情豊かに演じ、パワフルでキュートなダンスシーンも見事に披露。

そして、鳴門の地元高校生コージに、勝地涼。若手屈指の演技力で幅広い役を数多く演じてきたが、阿波踊りへの情熱を胸に真っ直ぐに生きる姿を、これ以上ないほど熱く魅力的に演じ切る。

さらには、伝説の天水であり、コージの父に高橋克実、一緒に徳島に帰郷する茜の母に高樹沙耶、茜を見守る祖父に笑福亭松之助。

阿波踊り部のメンバーには若手演技派の北条隆博、橋本淳、尾上寛之。そして彼らの高校の教師役として岡田義徳と星野亜希が扮し、個性的かつ実力あるキャストが顔を揃える。

今作の最大の見所“AWA DANCE”の振り付けを担当したのは、KABA.ちゃん。阿波踊りとヒップホップの良い部分を見事に融合し、全く新しい奇跡のダンスを誕生させた。

主題歌には今年15周年を迎えたTRFの名曲「survival dAnce」が2007年バージョンとして華を添える。製作には『シムソンズ』で青春映画の品質保証付きのクリエイティブチームが集結した。


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」のあらすじ

榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」のあらすじです。

吹奏楽部の指揮者の秋元加代子(榮倉奈々)は何でも出来、成績も優秀で東京の大学に進学すると決めている。

そんな秋本を、野球部の西巧(石田法嗣)はいつも見つめていた。

そんな西に「オレ、加代ちゃんが好きなんだ」という同じく野球部でエースの佐々木富蔵(柄本佑)。

絡むことのない西と秋元の視線、近づく秋元と佐々木の距離。

また、秋元と同じ教室で音楽にのめり込んでいる白田恵(谷村美月)は音楽ライターを目指し、白田と同じように音楽を感じている軽音楽部の辻本一也(林直次郎)を知ることに・・・

二人は偶然出会い音楽談義で盛り上がる。もうすぐ高校最後の文化祭、辻本は作詞を白田に頼む。沢山の痛みを通じてあふれ出た白田の言葉が、秋元に響き、佐々木や西にも影響を与えていく。

そして、五人それぞれの思いが交差していく中で季節は移り変わり、別れの日が近づいていた・・・


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」とは

榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」とは・・・

新鋭女流作家の豊島ミホによる「檸檬のころ」ロングセラー小説を原作に、高校生たちの揺れ動く多感な心情を描いた青春ドラマ。

監督と脚本は、「檸檬のころ」が初の長編映画となる岩田ユキ。『僕は妹に恋をする』の榮倉奈々と『カナリア』の谷村美月を主演に迎え、共演は映画やテレビでの活躍がめざましい柄本佑と石田法嗣という、今最も輝く10代の才能が集結。

今回が映画初出演となるギターデュオ「平川地一丁目」の林直次郎が、劇中歌と主題歌を手がけているのも見どころ。(シネマトゥデイから引用)

榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」をまだ見てない方はこちら

榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 映画「僕は妹に恋をする」のあらすじ

榮倉奈々出演 映画「僕は妹に恋をする」のあらすじです。

頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)は、高校3年生になった今でも2段ベッドの上と下で眠っているほど仲がいい双子の兄妹。そして、頼と郁は幼い頃、結婚の約束をするほどだった。

しかし最近、頼が郁に冷たい。郁は自分に想いを寄せる同級生の事を相談したいのだが、相手にしてくれない。

頼と同じクラスの友華は、放課後、友達と楽しそうに話している郁を教室から見守っている頼に近づき、「妹って得だね」と意味ありげにつぶやいた。

ある夜、ベッドで眠る郁に頼がキスをした。驚く郁に頼は、思いを打ち明けるところから物語が動き出す・・・

榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ


更新情報
カテゴリー
エンタメ系おもしろレポート

エンタメ系おもしろレポートランキング
『お笑い芸能スクール』出身芸人の真実・・・
『ハオロンが見たフジテレビ系列お昼の人気番組”笑っていいとも!”のちょっと引いちゃう裏側』

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。