榮倉奈々~エンタメスクープ.net

榮倉奈々の画像(水着画像)はこちらからどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-最終回

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-最終回です。

岩瀬健(山下智久)が、強引に吉田礼(長澤まさみ)を連れて来たのは、二人が出会った小学校だった。

懐かしい風景と思い出の中で、しばし二人きりで語り合っていた・・・

パーティー会場では、多田哲也(藤木直人)が礼を探していた。理由を知っている榎戸幹雄(平岡祐太)はごまかすが、何も知らない鶴見尚(濱田岳)は、探しておくと請け合ってしまう・・・

そのころ奥エリ(榮倉奈々)は、バイト先のバーガー・ショーグンでパーティーに出かける準備をしていた。そこで、ある物を見つけて驚き、会場へ急ぐことに・・・

礼は健に「今までありがとう」といつになく素直に伝えた。しかし、健はいまだに自分の気持ちを伝えられない。

だが、健はあることに気がついて・・・


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

スポンサーサイト

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第10話

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第10話です。

吉田礼(長澤まさみ)の結婚式を目前に控えた頃、久々に集まった岩瀬健(山下智久)、奥エリ(榮倉奈々)、榎戸幹雄(平岡祐太)、鶴見尚(濱田岳)の仲良し5人組は、全員が揃って遊ぶ機会は減っていくのだろうという予感を打ち消すかのように、はしゃいでいた・・・

しかし健は、幸せそうな礼の様子に、どうしたらいいのか分からないでいた・・・。 

そんなとき、結婚式の二次会で流すビデオ撮影のために、礼の実家を訪れた健たち・・・

礼の父・貴礼(森本レオ)の正直な娘への想いを聞くうち、礼が結婚していくという現実にうちのめされる健だった・・・

健が祖父・大志(夏八木勲)の遺影を見ていると、母・礼奈(宮崎美子)がやってきた。礼奈は、礼と結婚するのは健だと思っていたと、幼いころからの思い出を語りはじめる。

その夜は、多田哲也(藤木直人)の受賞パーティで、健たちは手伝いをすることになっていた。

その会場で、多田が礼のことを「婚約者」と来客に紹介しているのを見た健の胸は痛んで・・・


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第9話

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第9話です。

ついにスライドショーの写真が最後の一枚になっていた・・・

吉田礼(長澤まさみ)が多田哲也(藤木直人)のプロポーズを受けた当日の写真だった・・・。

岩瀬健(山下智久)は最後のチャンスに賭けようと、過去のその日に戻ることにした。

そのとき健は新入社員。ホワイトボードの売り込みのため、上司の安田(小倉久寛)とともに企業を回って営業していた。

健は大学にいる礼に電話して会いに行くことを告げるが、なかなか契約が取れず、仕事を抜け出すことができない・・・

そのころ、多田は礼を誘い、思い出の場所を訪れていた・・・


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ


榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第8話

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第8話です。

2004年の12月31日に戻った岩瀬健(山下智久)は、「戻ってきたら協力する」と言っていた榎戸幹雄(平岡祐太)にタイムスリップしてきたと伝えることに・・・

幹雄は、健が吉田礼(長澤まさみ)に、いつまでたっても告白できないでいることにあきれるが、ふたりきりになるきっかけを作ってあげた。

ところが、健が気持ちを伝える前に、礼から多田哲也(藤木直人)と付き合うことを決めたと言われてしまうことに・・・

ショックを受ける健・・・

健のアパートで毎年恒例の年越しに、今年は多田も合流していた。

そして、初日の出を見に行くという段になって、健は「行かない」と言い出した。妖精に言われたとおり、すべてあきらめて礼のことを忘れようと決心したのだった・・・

幹雄らは強引に誘うが、健は頑として拒否する。みんなが出かけた後、あてもなく街に行った健が見たものは・・・


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第7話

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第7話です。

大学3年の夏休みに戻った岩瀬健(山下智久)。

多田哲也(藤木直人)が吉田礼(長澤まさみ)に告白した夏だった。

多田より先に礼に自分の気持ちを伝えようと決心し、機会をうかがう健は、研究室の大掃除中に勇気をふりしぼって告白してみることに・・・

しかし、礼は冗談だと思って取り合ってくれない・・・

その日は花火大会で、健ら5人は大学の屋上で見ようと、ビールを用意する。礼と奥エリ(榮倉奈々)は浴衣に着替えていた。健は礼の美しさに目を奪われていた・・・

ところが、新築ビルの陰になり肝心の花火が見えない。そこで礼は、研究室にある花火を取りに行こうとする。健は、この時に多田が礼に告白したことを思い出して、ついて行こうとするが、エリが元彼からの呼び出し電話を受けた。

見送る鶴見尚 (濱田岳)に、健は「今エリを止めなきゃおまえは絶対後悔する」と必死に説得している間に、礼はひとりで研究室へ向かってしまった・・・


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第6話

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第6話です。

吉田礼(長澤まさみ)の二十歳の誕生日を祝いたかったと後悔する岩瀬健(山下智久)・・・

当時は、礼と一緒にいたのは多田哲也(藤木直人)だったのだ。

健はなんとかタイムスリップに成功したが、礼は多田の勧めで、急遽、建築関係のコンペに出品することになった課題の手直しをするため研究室にこもることになっていた。

邪魔をしてはいけないと思う健は、礼に大吉のおみくじを渡すのが精一杯・・・

そんな健に憎まれ口をたたいてしまう礼・・・

奥エリ(榮倉奈々)は礼に、素直になって、恋愛にもっと積極的になるようアドバイスをしてみると、礼は、中学三年のときに一度だけ、好きな相手に手紙を書いたが渡せなかったと話す。なんと、礼は健宛てのその手紙をいまだに持っていたのだった・・・

健は風邪で体調が悪いが、礼へのプレゼントを買うために、日払いのアルバイトをしてしまう・・・しかし、熱が下がらず、ついには倒れて、アパートで寝込んでしまうことに・・・

それを聞いた礼は、健のアパートへ急ぐ・・・


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第5話

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第5話です。

次に岩瀬健(山下智久)が戻ったのは、2002年の大学生時代。

健のアパートには、吉田礼(長澤まさみ)の祖父・太志(夏八木勲)がサッカーワールドカップ観戦の流れで泊まっていた。

大工の太志は気が若く元気で、引き留める健を振り切って、礼のいる大学を見学に行くことになる。礼は、祖母にも何も言わず広島から突然上京してきた太志を心配し、帰るように言うが、太志は聞く耳を持ってくれない。

しかたなく、多田哲也(藤木直人)の研究室へ連れて行くと、二人は建築の話で意気投合してしまう・・・

しまいには、太志は「礼の婿はこいつに決めた」と言い出してしまった・・・

健は焦るが、相変わらずなかなか行動を起こせないでいると、太志は、そんな健の気持ちに気付いていて「後悔するなよ」と言い残して帰ってしまった・・・

その夜、また奥エリ(榮倉奈々)や鶴見尚(濱田岳)らとサッカーを観ることになり、健と礼は買出しにいくことに・・・

カップルのようにスーパーで買い物をして、健のアパートに戻った二人。そして、健は今こそチャンスと奮い立つが、冷蔵庫に太志お手製の卵焼きとメモを見つけて・・・


榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第4話

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第4話です。

次に岩瀬健(山下智久)が、妖精(三上博史)に戻されたのは、高校の卒業式。健が気づいたのは、ちょうど後輩の女の子に学生服の第2ボタンを渡そうとしていた時だった。

すでに何回も過去に行っている健は、この時のことをすぐ思い出す。喜んでいる暇はない・・・このボタンは吉田礼(長澤 まさみ)に渡さねば・・・と。

しかし、榎木幹雄(平岡祐太)や鶴見尚(濱田岳)たち、男子生徒のおせっかいで、健のボタンは思惑とは逆に後輩に渡ってしまった・・・

その後、礼に会うと案の定第2ボタンをもらってあげると言われてしまい大ピンチ。健は、幹雄と尚に頼み込み、後輩の女生徒から第2ボタンを取り返そうとするのだが・・・。

榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」とは

榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」とは・・・

新鋭女流作家の豊島ミホによる「檸檬のころ」ロングセラー小説を原作に、高校生たちの揺れ動く多感な心情を描いた青春ドラマ。

監督と脚本は、「檸檬のころ」が初の長編映画となる岩田ユキ。『僕は妹に恋をする』の榮倉奈々と『カナリア』の谷村美月を主演に迎え、共演は映画やテレビでの活躍がめざましい柄本佑と石田法嗣という、今最も輝く10代の才能が集結。

今回が映画初出演となるギターデュオ「平川地一丁目」の林直次郎が、劇中歌と主題歌を手がけているのも見どころ。(シネマトゥデイから引用)

榮倉奈々出演 映画「檸檬のころ」をまだ見てない方はこちら

榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第3話

榮倉奈々出演 ドラマ「プロポーズ大作戦」のあらすじ-第3話です。

多田(藤木直人)と礼(長澤まさみ)の結婚式でのスライドショーが進む中、多田が教育実習を終え、学校を去る時に健(山下智久)ら生徒たちと撮った写真が公開される。そこに、多田との別れを悲しんで号泣する自分の姿を見つけ、いらだつ健。そこへ、妖精(三上博史)が現れ、健は多田が教育実習に来ていた2001年9月にタイムスリップすることに・・・

学生時代に戻った健は、自分が当時、多田と同時に教育実習にきていた、キャメロンというあだ名の美人の教育実習生(松本莉緒)に告白しようとしていたことを思い出す。しかし、生徒に人気のキャメロンとは逆に、地味な印象で生徒とほとんど話すきっかけがない多田は馴染めずにいた・・・

そんな中、あることをきっかけに礼は多田に対して、嫌悪感を抱くことになる・・・多田と礼の険悪な雰囲気に、願ってもない展開と浮かれる健だが、多田が持っていたクラスの座席表を見た瞬間、過去に多田とクラスメイトが打ち解けたきっかけを作ったのは自分だったと思い出す。

多田と話すうちに、彼が生徒のことを思っていることを知った健は、多田を気持ちよく送り出そうと、彼が生徒のあだ名や性格、特徴を書き込んだ座席表をクラスの全員にこっそりと回す。

それがきっかけで多田はようやく生徒と打ち解け、険悪だったとも礼も和解してしまう。礼だけは、健が多田のためにやったことだと気づいていたが、現代に戻った健は、多田と礼の仲を取り持ったのが自分だったうえに、2人の結婚という事態が変わっていないことに落胆してしまう・・・

榮倉奈々のエンタメスクープ情報はこちらからどうぞ


更新情報
カテゴリー
エンタメ系おもしろレポート

エンタメ系おもしろレポートランキング
『お笑い芸能スクール』出身芸人の真実・・・
『ハオロンが見たフジテレビ系列お昼の人気番組”笑っていいとも!”のちょっと引いちゃう裏側』

ブロとも申請フォーム